2006年07月11日

レギュレーターの選び方・お勧めのレギ

ホーム > ハナヒゲ流器材の選び方 > レギュレーターの選び方


ダイビングの器材の中心となるのがレギュレーターとBC(Buoyancy Control Jacket)と呼ばれる浮力調整をするジャケットです。値段も高いけど、それ以上に一番我が身の安全を任せるものなので、慎重に選びましょう。
水中でエア切れでもないのに、エアが来ないなんて想像するだけでも嫌ですよね。買う時も大事ですが、それ以上にメンテは十分にやりましょう。

<レギュレーターの役目>
タンクに入っている高圧の空気をその時の水圧に応じて減圧し、供給してくれるのがレギュレーター(以下レギ)です。大きく分けると減圧を主に担当するファーストステージと、口にくわえるセカンドステージに分かれます。

<選び方のポイント>

@信頼性

一番大事なのが、機械としての信頼性でしょう。やはり、歴史のないメーカーのものは買う気が起きませんし、メンテがきちんとされていないものは絶対使いたくありません。

A呼吸のしやすいもの

次に大事なのが、呼吸のしやすいものを選ぶことです。
同じ残圧でも呼吸が軽くできるものと、多少抵抗感を感じる物があります。まぁ慣れればいいのかもしれませんが、吸気抵抗の軽いものにレギを替えた時には驚くほど感動します。私もショップの物を借りていくつかプールや海で試してみましたが、息苦しい上、呼吸だけで疲れてくる感じさえします。

B重量

1stステージも2ndステージも製品によってかなり重量に差があります。私が使っているものは軽量タイプで友人の普通のレギに比べ約1s軽くなっています。まぁその分ウェイトが重くなってしまうのは残念ですが、行き帰りの荷物が軽くなるのは嬉しいですね。やはり女性の方は軽量タイプの方が楽だと思います。また、沖縄や海外リゾートに行く場合など飛行機に乗る場合、荷物の重量制限を考えるとこれも軽いものに超したことはありません。最近はダイビングの器材などは重量の枠を大きくしてくれるエアラインが増えてますが、融通の利かない会社もあります。(国内エアラインはだいたい許してくれますね。私はハワイに行く時など、スーツケース・ダイビングバッグ・ゴルフバッグをチェックインカウンターに乗せますが、出国時は問題なし。帰りに外人のグランドホステスによく嫌な顔をされますが、払う気はさらさら無いと言うと通ってしまいます。フィリピンエアのようにスポーツに関する場合は事前に手続きすればOKの所もあります。)

Cオクトパスとの関係

通常2ndステージはバックアップ用・バディの万が一のために予備の物(オクトパスと呼びます)を装備し、合計2つBCにぶら下げています。
普段は出番がないのですが、本当に大事な場面で登場する物なので、操作が共通の物を選んだ方がいいでしょう。(S-proはインフレーターとバックアップ用オクトパスを兼ねたAir2が主流で、私も使っています。)

1stステージの機構にはいくつかタイプがあります。
信頼性が高く、メンテも簡単なバランスピストンタイプと、残圧変化による呼吸感の変化が少ないと言われているバランスダイアフラムタイプです。

各社のレギ
スキューバプロ
  • 販売価格は高い(値引きが難しい)ですが、確かな性能そして、オーバーホール時の指定交換パーツは永久保証。(半額のレギを買っても、毎年、5,000〜10,000円のパーツ交換をしたら...どちらが高くつくか解りますよね。)
  • 歴史とサポート体制の信頼感は他の追随を許さないものがあります。(SCUBAPRO HP
MK25SA AF S600
マレス MARES
  • イタリアのデザインに惹かれるだけでなく、 驚くほどの気持ちのいい吸気フィーリングは特筆物です。
  • 「水深60mにおいて、一呼吸量2.5リットル、1分間に25回の呼吸がスムーズにできる」の社内基準は万が一のストレスが発生した状況下でも安心です。(マレスHP
PROTON ICE EXTREME
アクアラング AOUALUNG
  • 上記2ブランドに比べると比較的お求めやすい価格になってきますが、性能は侮れません。様々な工夫がされているし、使っていて不満はありません。
  • レンタル器材にも多数採用されている部分で信頼性も理解できると思います。利用ユーザーも多く、メンテの体制もしっかりしているのではないでしょうか。(この辺は想像です)
タイタンXLC
その他比較的安価でコストパフォーマンスを感じる良いメーカも沢山あります。(順不同)
TUSA  ビーイズム スント レイソン SAS シャーウッド アポロ クレッシーサブ
私はスキューバプロか、マレスをお勧めしますが、ご自分のフィーリングに合う物を、ご自身で探してみて下さい。私自身はS−PRO軽量タイプのユーザーで、壊れたり、よほど革新的な製品が出ない限り使い続けるつもりです。


器材関連記事一覧
器財一覧 スキューバダイビングに必要な装備一覧
重器材 重器材セット  BCD  レギュレーター  オクトパス
軽器材 軽器材セット  マスク  フィン  ダイビングバッグ  グローブ  ダイブコンピュータ
通販ショップ 【Yahoo!ショッピング】 楽天広場 ダイビング シーサー 海人商店 mic21.com ダイビング器材卸売りセンター コーラルダイブ 激安ダイビングショップ カルム ダイビング専門店ファインド コーラルダイブ AQROSネットショップ e器材 クリアダイブ アウトレット D マーケット ダイブギア
メーカー メーカーリンク
売上ランキング マスク スノーケル フィン 水中写真器材 ダイビングバッグ ブーツ アクセサリー
posted by HANAHIGE at 02:08 | Comment(0) | ダイビング機材| 編集
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。